アラサーフリーランスの活動日記

自分にとってどのように生きたら幸せになれるか再考中。 その思考記録です。

東プレREALFORCE(30g)を悩んだ末買ったけれど、本当にタイプ感が最高で買って良かった!

東プレのリアルフォースを悩んだ末買って、今日届いたんだが、最高の打ち心地!
「東プレ キーボード REALFORCE108UDK(SJ38C0)」

買ってよかった!既に!
ぜんぜん違う!マジで楽だ!
凄い、マジでぜんぜん違う!
本当に超軽くて打ちやすい!

コレ本当に凄いな。
タイピングのストレスが30%くらい減少する。
いや、マジでこのタイミングで買ってよかった。

とても最高の内心地。
ストレスフリーレベル。
しかも、超静か。さいこうやん。

元々はこっちのテンキーレスを購入しようとしていた。

ただ、少し高い。
中古品もあまり出回っておらず、今、2万円超えは正直でかい。

そして更に、追加でテンキーを買おうとしていた。
となると、予算は余裕で2.5万円くらいになる。
それでは予算オーバーだ。

と思いながら、ヨドバシカメラ秋葉原店で何度か試打しにいっていた。

そこで、非常に当たり前だが、テンキーを別で買うなら、最初からテンキー付きでいいやんと思いだした。


これまでは「FILCO Majestouch2 91赤軸(FKBN91MRL/JB2)」を使っていた。

しかし、毎日タイピングしている中で45gは重く感じるようになった。
また、タイピングした時にフィルコの場合、強くタイピングして打ち込んだ時に、鉄板を叩いているような硬さを感じていた。
それなので、リアルフォースのように、強く叩いてもクッション性のあるようなキーボードが欲しくなっていた。

そこで2,3回秋葉原ヨドバシカメラに行って試打。
そしてネットで中古品を探して、購入。


そしていまリアルフォースでタイピングしてるわけだが、マジで最高です。
本当に既に買ってよかった。
飲み会から帰ってきて疲れてたのに、タイピングがめっちゃ楽しい。

3ヶ月くらい悩んでたけど、マジでこのタイミングで買ってよかったです。
何かヨドバシで試打してたときはいつもと作業環境違うからか、買うべきか悩んでいたけれど、家で使ったら全然フィルコと違う。


いや〜、明日からの仕事がまた楽しみだ。
いい買い物をした♪

考え、準備して行動し、改善し続ける姿勢でいるのが自分。

ごめんなさい。



先日のデート後、次回のデートを断られた。

その話を友達にすると、


「それは仕方がない」
「合わなかったんだよ」
「デートはありのままの自分で行ったらいいと思うよ」

と言われることが多い。


それから考えた。


ありのままの自分とは何か。


何も準備せず、相手のことを大して考えないで挑むことが、ありのままの自分ではないと思う。
わからないながらも相手のことを考え、準備して、行動する。その姿勢自体が自分だと思う。
というか、そうありたい。


「仕方がない」「合わなかっただけ」


本当にそれだけだろうか。

自分は努力していたか?
相手のことを考えていたか?
相手の立場に立てていたか?

答えはNO.

まだまだ、自分にできることは合った。
まだまだ、自分の至らない点が合った。




ありのままの自分は、常に変わるはず。

それでも変わらない部分はあるだろう。

相手のため、自分のために努力しないことが、ありのままの自分ではない。

相手のためにも、自分のためにも努力し続ける。

そして、その努力によって少しでも二人の時間をより良いものにしていく。

そのために俺は自分ができることをしたい。



俺は不器用。

こういうことを直感ではできない。

ただ、直感ではできないが考えて、少しずつでもコミュニケーション能力を上げることはできている。

少しずつでも良い。

自分ができることをしていきたい。


少しでも女性との時間を良いものにしたい。

相手が少しでも楽しく、少しでも自分のことを魅力的だと感じてもらえるような人間になりたい。

そのためにできることは山ほどある。



もっと魅力的な自分になりたい。

素敵な女性とデートをしたときに、自分のことを魅力的だと感じてもらえるような人になりたい。


この前のデートで、フラれた悔しさが根底にある。

悔しい。

魅力的な女性だった。

長文ラインを毎日して、電話もして、いい感じの関係を築けていた。


しかし、つまらんデートをしてしまった。

確かに自分がベストを尽くしたとしても、振られていたかもしれない。

しかし、その時は諦めがつく。

今回はまだまだできることが合った。


もっとやるべきことがあった。

もっと観察力を高められていれば、その場で臨機応変な対応ができた。

もっと、プロファイリングをしていたら、相手のニーズに沿ったコミュニケーションが取れていた。


これからはもっとデート力を鍛える。

そのためにアポを入れていく。

まず今週末はキャバ嬢とアポ。



しっかりと、準備して、魅了する練習をする。

練習を繰り返す。

バッターボックスに立ち、バットを振る。

自分を鍛えていく。

相手のことを考える練習、相手と2時間を過ごす練習。


まだまだ、自分ができることはたくさんある。

まだまだ、自分を伸ばすことが出来る。



アポ負けした子を、また11月か12月に誘うつもり。

誘ってもデートが出来るかさえわからない。

しかし、今できることをする。



失恋というには大げさかもしれないが、この経験を必ず次に活かす。

この経験をただの失恋では終わらせない。

この経験を、この悔しさをバネに、もっとコミュニケーション力を高める。

もっと魅力的な人に、もっと相手のことを理解できる人に、もっと人間関係を楽しめる人間になりたい。

物足りなさを感じる今日〜やりたいことを一通りやってみる〜

仕事の調子もそんなに悪くない。

体調もそこまで悪くない。

 

なんだこの物足りなさは。

 

 

彼女がいないことは不満。

そこはひとつあるが、それが原因でこのつまらない感じになっているのか?

 

うーん、違う気がする。

今日は友達と飲みのタイミング合わないから、用事が一人でカツ屋で飯食い、ゲーセンで音ゲーやって帰宅中。

 

ナンパする気分にもならず。

先日行ったキャバ嬢にライン返信して帰宅。

 

物欲もだいたい満たされている。

性欲は彼女いないからそんな発散はしてないけど、強い不満があるわけでもない。

 

 

一旦やりたいことを書き出してやってみよう。

 

•友達とBBQ

•ナンパ

•乃木坂のライブ申し込み

石田ゆり子的な女性が参加してそうなワークショップへの参加

クラフトビールの飲み比べ

•白シャツを買う

•地方旅に行く

•久しぶりにクラブ(V2)行ってみる

•すき焼き食べ行く

•人生初ソープ行ってみる

•豚の角煮作る

•前職の好きな人(人妻)とランチ行く

•表参道でナンパする

 

やりたいことはある。

やってみよう。

そしてそこから何を感じるかを確かめてみよう。

不安を減少させる2つの方法

色々な不安はある。

 

しかしそれは当然。

 

 

生きていればそういうことは何かしらある。

 

 

その不安感を減少させるためにの方法は二つあると考える。

 

一つは不安感を発生させている原因を取り除くこと。

 

もう一つは、不安を感じている自分を変えること。

同じ事実に対しても、人によって感じる感情は異なる。

 

この2つの方法で不安感を減少させる。

出会い系アプリでダメージ受ける豆腐メンタリスト。過去1~2ヶ月で最もやる気が出ない本日

朝、8:30起床。
寝起きも悪くない。

さて、仕事しようと思うが、、、、やる気が全く起きない。
この感覚はここ1,2ヶ月でなかった。

いつも、スッと机に迎えて仕事を開始できていた。

そういうこともあるだろうと、考えずいつもどおりに部屋の掃除をして朝食を食べる。
PCの電源をつける。


しかし、、、全然、身体が仕事に向かない。


急に。


原因はなにか?


一因は先日始めた出会い系アプリで、女性からの反応が悪いこと。
豆腐メンタルが顔をのぞかせた。
豆腐メンタリストは昔からなので、それは良い。


ほかは?
仕事が進んでいないこと。

クライアントから仕事の依頼をもらったが、仕様書が届かず、時間だけが流れていく。
納期の交渉をしないといけない。
また、7月は大きめのプロジェクトがあり、そのプレッシャーもある。

仕事のプレッシャーも一因だろう。
しかしサラリーマン時代に比べたら、プレッシャーは超低い。
期待されてのプロジェクトなので、健全なプレッシャー。
報酬もその分ある。



他は?他。。。
時期的なもの。周期的なもの。
人だから、たまにはやる気が低下することもある。
それがたまたま今日だったというだけ。



あ、あと理想の生活リズムが少しずれているということもある。
しかしこれは大したことはない。
100点満点中でも80点は取れている。



一つの原因ではなく仕事、出会い系アプリ、時期などの複数要因が重なったのだと思う。

しかし不思議。

昨日の夜まではガンガンにやる気会ったのに。

昨晩仕事後から今の流れだと、やはり期待していた子からレスが来たと思ったら他の子からで、その子からは足跡もなかったことか。
ナンパと同じで、こういうのは数。
ナンパに比べるとダメージもエネルギーも不要。


自分の強みであるコミュ力とナンパできるスキルを活かして、ナンパを再開しようかとちょっと思った。

交渉は、自分の通したい条件を相手に納得してもらい通すこと。そしてB案・C案を常に持っておく

どう価格交渉をするか。


交渉とはなにか。


交渉の目的は、自分の通したい条件を相手に納得してもらい通すこと。


条件は同じでも、どのように交渉を進めるかで結果は変わる。


営業には欠かせないスキル。





先日、価格交渉をクライントと行った。


返事は近日中に帰ってくる予定。


今回の交渉、ミスはなかったか?


こちらが提案した条件を相手が飲まなくても、きちんと取引はこちらが不利にならない条件で進められているか?


交渉は常にB案、C案を持っておくべき。

背水の陣ではならない。

たとえ、相手が条件を飲まなくても、B案・C案で落とす。



まだ終わっていない。

こちらの条件を相手が渋っても、こちらの出方次第で状況は変わる。

最悪、仮にだめでも、ここからまたやればいい。




が、ダメになるような交渉は交渉ではない。

それは無謀な提案にすぎない。


一足とびにせず、営業力・交渉力を鍛えていく。

時給あげたい:時給を上げる方法は二つ。

時給の計算式は以下の通り。

 

時給=単価/総仕事時間

 

なおフリーランスのように、一つの仕事で〇〇円というように、単価で仕事をする場合を前提としている。

 

この場合、時給を上げる方法は基本的に二つ。

 

 

1.時間当たりの仕事量を増やす

   (総仕事時間を減らすため)

2.仕事の単価を上げる

 

 

俺の場合、単価を交渉してまだ上げられると思う。

 

 

なので2の「仕事の単価を上げる」ために、近々クライアントさんと価格交渉をする。