アラサーフリーランスの活動日記

自分にとってどのように生きたら幸せになれるか再考中。 その思考記録です。

地蔵を克服してソロナンパできるようになるために:ナンパでの課題と対策

▼ナンパをする理由

ナンパする最大の理由は、人生を共に過ごす素敵なパートナーと知り合い、一緒に過ごせる関係を築くため。
そのためにナンパを始めた。


ただナンパをする中で、自分の成長を感じられることにも魅力を感じるようになった。
自分のコミュ力が向上したことで、友達や女性を楽しませられる頻度が上がった。


これはとても嬉しい。
人とのコミュニケーションを以前より楽しくできるようになった気がする。


▼課題

さて、現在の僕の課題について。

今の課題は、ソロナンパができていないということ。
なぜならタイプの女性を捕まえるためには、ナンパ街を飛び出して普通の街で昼ナンパをする必要があると考えているため。


これまではコンビナンパをしてきた。
しかも友達のほうが圧倒的にスキルが高い。
そのため自分も引っ張り上げられる形で、スキルアップをすることができてきた。


しかしいつも行くナンパ街には自分のタイプの女性は少ない。
これまで16LINEほどゲットして、そのうちの一部とは飲んだが、もう一度会いたいと思えたのは一人のみ。


確率は約6%


理由はナンパをしている街だと考えている。
いつもいくナンパ街は、自分のタイプの女性は少ない。


タイプの女性は真面目だけど垢抜けていて、少し内向的で、だけど朗らかに人生を楽しんでいる。
今も可愛いけど、40代になっても内面も外面も可愛い女性。


芸能人でいうと石田ゆり子
顔のタイプでは西野七瀬


そのような女性と知り合い、魅了して、付き合いたい。
そのためにはナンパ街を抜け出し、ターゲットの女性がいる日時、場所でナンパする必要がある。


ターゲットの女性が一人でいるところに、一人でナンパする。
場所は新宿、表参道、二子玉川?、何かしらのイベント等。


一人でいる女性をいつでも自分一人でナンパできるようになるために、ソロナンパ力をつけたい。



▼対策

ソロナンパができるようになるに、まずは友人と街に行ってソロでナンパする。
一人ではできなくても、ソロナンパができる友人と一緒なら少しはできると思うから。


ナンパ友達とだけでは回数が足りなければ、別の友だちや合流依頼を出して、一緒にナンパをしていく。


最初から一人でやることが難しいなら、人の力を借りてやる。
そうやって段階を踏むことで、少しずつソロナンパ力を鍛えていきたい。


来週で3月も終わり。春だ。
まずは1声掛けでもいい。まずは1声掛けからスタートする。
コンビナンパでも最初は声をかけられなかった。
声をかけても話が続けられなかった。


ただ、少しずつ声をかけて話して、笑わせられるようになった。
出撃する毎にスキルはぐんぐん上がっていった。


ソロナンパもそうなるはず。
まずは慣れ。
回数を稼ぐために、まずは地蔵を克服することが重要。


そのためにも自分以外の誰かとナンパに行き、一緒にソロナンをする。